サワディシンチャオ 玉子へのこだわり   戻る


定食
当店の玉子は
福岡発の元気玉子を使用しております


当店は、福岡から筑前飯塚宿 たまご処 卵の庄の玉子を使用しております。
この玉子は直営農場から毎週直接発送している自然と安全を追究した新鮮で美味しい玉子です。


「畠中育雛場の母鶏は天然飼料を食べていつも元気!ひよこから一貫飼育で健康に育ちます!
その母鶏から産まれた
「げんきタマゴん」は産みたて新鮮!生のまま食べても安心!
薬剤残留の心配は全く無し!栄養のバランスが抜群でおいしさ2重マル!

(畠中育雛場のホームページより抜粋)畠中育雛場のページはこちらから
げんきたまごん
私どもと、こちらの畠中卵との出会いは、2004年の夏ごろ。
シェフおぐしが当時店とは別に副業で受けた仕事に、CAFE開業スクールがあり、その際の生徒さんの一人が、
畠中さん。福岡からスクール開催のたびに大阪にこられて、おぐしをはじめめとするCAFEスクールの講座を受けておられました。
その講座のつど、よく店に来店され、その事が縁でこの元気玉子を毎週福岡から送ってもらうことになりました

それ以降・・・本当に卵がおいしくなりました!
          たまご

当時から現在まで残っているメニューの一つにナシゴレンがありますが、
このナシゴレンの上に載る半熟目玉焼きの活き活きした表情とややオレンジがかった色に
それまで使用していた市販の玉子との違いを大きく認識!以降、玉子料理を強化していきました。

現在では、当店のランチや夜の定食初め、大人気メニューのガパオごはん
ナシゴレンの上には必ずこの畠中元気玉子の目玉焼きが載ります。
ぜひ一度市販とは違う目玉焼きをご賞味ください!


gapao
カオカオムー
 大人気メニューの「ガパオ」の目玉焼き 2010年タイフェスティバル大阪で屋台出店した
際に作った
「カオカオムー(豚足と玉子のタイ式煮込)」
にも畠中玉子を使用しました。
香港3色玉子
料理教室でも畠中玉子は必修!
(香港料理の3色玉子のオムレツを作成中)
畠中玉子の目玉焼きを使って作る 
ヤムカイダーオ(目玉焼きのタイ式サラダ)
へんぱく ランチ
2011年へんぱくイベントにて、
タイのお好み焼き
「ホイトート」でも畠中玉子大活躍!
ランチタイムには、
畠中玉子の目玉焼きがつきます。