28、国境越えてカンボジア入国。     戻 る

2016年1月14日(木)(5日目)。


船は、ベトナム側の国境の検問所(ボーダー)に到着します。

目の前の、ウグイス色の建物がそれです。
いよいよ「出国」かと思うと、少し緊張が走ります。


船をいったん下船して、出国のスタンプを押してもらい、
荷物のチェックがありました。

ビザ申請用の写真を持っていない人は、ここで撮影を行いました。
既に写真を持っている私たちは、その先にある待機所のような
ところで待たされました。


ここで、ベトナムコーヒーを売っていたので1杯もらうことにしました。


両替所もありました。国境地帯らしいですね。


ここでは、焦っても仕方がないのでとりあえず
コーヒーで時が来るまで休憩します。



外がテラスになっているので、メコン川の様子を見ることができました。


船に乗っているほかの人たち。両替している人が結構いました。


テラス席に出てみました。船着場のようなところがあります。


別の角度から、船が停泊しています。


さらに見ていくと、船着場の先にある事務所が出国に関する
建物のようですね。


ここから先を見ます。すぐ先がカンボジアだと思うと不思議な気持ちです。


ほかの人たちも外をのぞいています。


船が進行方向に止まっていて。その先に貨物船があります。
入出国のための手続きのようですね。


小さな船が目の前を通り過ぎます。


その一方、別のところでは土砂の塊がありました。
でもその先を見ると・・・・・。


望遠機能で拡大してわかりました。カンボジアの国旗が靡いています
つまりあそこは、既にベトナムではないという意味ですね。
島国に住んでいると、普通に道路が続いていて
突然国が違うとかは想像もつかないところです。



写真撮影を終わったのか、みんな外のテラス席に
出てきました。ちなみに一番右側の人だけタバコを
吸っていました。


15分くらいいたでしょうか?
「出発する」と呼び出しがあり、ここを後にします。


いよいよ、隣国に向けて出発します。


直ぐに、川をさえぎるような船が横たわっています。
おそらく国境スレスレにいて監視しているかのようです。

そして国境を越え、カンボジア側のボーダーに到着します。


ついに、カンボジアに入国しました。
ボーダーといってものどかな観光の休憩所のように見えます。


ここで記念撮影しました。左右の両国は10数年前から何度も
行っているのに間にあったカンボジアには、中々行けないませんでしたが
ついに念願が叶いました。


改めて川を見ると、遠くに多数の船があります
あのあたりはベトナム領。あの船の存在がなければ
ここが国境地帯だとまずわからないでしょう。


上陸すると、仏教関連のお堂がありました。



少し高いところに設置しているのがわかります。
ここでパスポートを渡してビザの発給まで待機します。



おそろいの黄緑の服を着た船の係員が、申請書とパスポートを並べて
いました。この奥にカンボジアのビザ発給のためのカンボジアの関係者がいて
事実上事務的にビザを発給していきます。


ビザの発給が終われば、パスポートを受け取り
こちらの入国の事務所で、入国手続きを行います。



これは麻薬犬でしょうか?
この場所では出番もあまりなく、
いつも平和な事が多いのか、優雅に寝ています。


無事にカンボジアの入国手続きを終え、船に戻ります。


船に両国の国旗があるのが印象的。
考えてみれば国際航路。さあ、これから首都プノンペンに向けて
4時間ほどのクルージングが始まります。